事務数値を通して
会社全体を見渡す

本社業務課 久留米大学卒 2017年新卒入社

日々努力して会社の戦力に

業務課は、機械の稼働率や修理に掛かる費用などを基に、機械の導入や処分の検討をしたり、会議に必要な資料の作成を行うのが日常の業務です。パソコンが苦手だったため、入社当初は不安がありましたが、上司からの丁寧な指導の下、無理なく覚えることが出来ました。
年々、任せていただく業務も増えているので、事前に優先順位を付けて取り組むことを心掛けています。今以上に会社の戦力となれるように、今後も努力を続けて知識を深めていきたいと思います。

基礎知識をしっかりと理解できる研修

親会社のカナモトを始めとしたグループ会社合同で行われる新入社員研修では、ビジネスマナーや業界の知識を学びます。新入社員研修後は、当社の営業所で約3ヶ月間、整備の研修を行いました。最初は、実際に機械に触れて整備をすることに緊張感がありましたが、慣れてくると面白さが出てきます。様々な機械に触れることで、名称や整備方法、使用方法を学ぶことが出来ました。貴重な経験を積むとともに、現在の業務を行う上でとても役に立っています。

オンとオフの切り替えも大事

休日は、家にいるよりもドライブや買い物に出掛けることが多いです。入社後に車を購入したので、車でしか行けないような場所に行っています。外出先で当社のレンタル機械を見つけた時は、嬉しさとともにやりがいを実感します。

「地域社会への貢献」という
言葉に惹かれて…

建設機械に興味があり、それらを取り扱う業界で就職先を探していました。今後、成長の見込みがある業界であり、建設機械という大きなものをレンタルするというスケールの大きさに惹かれました。入社の決め手は、会社説明会に参加した際に聞いた「地域社会への貢献」という企業目的に強く共感し、九州で働くことで地元への恩返しができるという点に魅力を感じたからです。会社を訪問した際に、雰囲気の良さを実感したことも決め手の一つです。

エントリーはこちらから

お問い合わせ