事務数値を通して
会社全体を見渡す。

本社業務課 久留米大学卒 2017年入社

日々努力して会社の戦力に

業務課は、機械の稼働率や修理に掛かる費用などを見て、機械の導入や処分の検討をしたり会議の時に、必要な資料の作成を行うのが日常の業務です。
最初は、パソコンが苦手な自分がついていけるか心配でしたが、上司に丁寧に教えて頂き、覚えることができました。
入社したばかりで、自分ができる業務は限られていて、これから学ぶことはたくさんあります。
日々努力して、一日でも早く会社の戦力になりたいです。

基礎知識をしっかりと理解できる研修

親会社のカナモトと合同で行われる新入社員研修では、ビジネスマナーや業界の基礎知識を学ぶことができます。
カナモトとの合同研修後は、当社の営業所で約3ヶ月、整備の研修を行います。機械を整備するのは、最初は緊張しますが、慣れると面白いです。さまざまな機械に触れることで、機械の名前や整備方法、使用方法を学ぶことができます。とても貴重な経験ができると共に、仕事をしていく上でとても役に立ちます。
研修が終了して感じたのは、この3ヶ月間は、とても重要だったということです。

休みの日をおもいきり楽しむ

休みの日は、家にいるよりもドライブや買い物に行くことが多いです。
入社してから、車を購入したので車でしか行けないような場所に行っています。外出先で当社のレンタル機械を見つけた時は、嬉しいです。

「地域社会への貢献」という
言葉に惹かれて…

建設機械に興味があり、建設機械を扱う業界で探していました。
今後、成長の見込みがある業界であり、建設機械といった大きなものをレンタルするということは、自分にとってとても興味深かったです。入社の決め手は、会社説明会に参加した際に、企業目的について教えて頂き、「地域社会への貢献」という言葉に強く共感し、地元の九州で働けて、地元に恩返しができるということに魅力を感じたからです。あと、会社を訪問した際に、雰囲気が良く働きやすそうな職場だと感じたからです。

エントリーはこちらから

お問い合わせ