営業社会インフラを担い、
地域に貢献する。

福岡営業所 九州産業大学卒 2018年新卒入社

営業マンとしての基礎を固める

私は、営業マンとしての基礎を上司や先輩に同行し学んでいます。取り扱うレンタル機器のアイテム数は多く、その名前や特徴を覚えることは大変ですが、自分でカタログを見て勉強しています。また、使用用途など専門的なことは、気さくに教えてくれる先輩方を頼っています。その甲斐があり、少しずつではありますが、最近ではお客様の要望にお応え出来ていると実感しています。
元々営業職に興味があり、なおかつ地元地域の活性化に貢献したいと考えていた中で出会ったのが「九州建産」でした。当初、「建設機械レンタル」について全く知識が無く、会社説明会で実際に話を聞いてみると、九州を中心に重要な社会インフラを担っていることが分かり、「地元に貢献する」という自身の希望と合致していると感じ、入社を決めました。

失敗を活かすことが成長への道筋

社会人という新しい環境と未知の業界ということで、初めは分からないことばかりでした。だからこそ、失敗を恐れず、もし失敗しても成功への糧として「そこから何かを得るんだ」という考えで取り組んでいます。まだまだ、任せて頂ける仕事は少ないですが、将来は重要な仕事を任せて頂けるよう、日々業務に邁進しています。

「ありがとう」が次への活力

お客様の要望にお応え出来、感謝のお言葉を頂いた時はやりがいを感じます。次も頑張ろうという気力が湧いてきます。お客様が抱えるお悩みごとの解決に寄与することで、より深い信頼関係を築くことが出来ます。

入社後にしっかりと学べる環境

九州建産は、業界に関する知識が無くても、上昇志向のある人なら全く問題ありません。カナモトグループ合同での新入社員研修では、職種毎(営業・整備・事務)に分かれた2~4週間の研修があり、仕事及び機械の基礎知識を一から学ぶことが出来ます。

私もそうであったように、学生の皆さんは初めての就職活動で不安が多いと思いますが、自己分析、企業研究をしっかりと行い、自分に合った会社を探すことが大切です。残り少ない学生生活を悔いなく、精一杯過ごしてください。

エントリーはこちらから

お問い合わせ