営業建設機械のレンタルで街を作り、
日常を創る!

松島営業所  九州自動車整備専門学校卒
 (現:北九州自動車大学校)
 2013年中途入社

建設機械レンタル=社会貢献できる仕事

現在の私の主な業務は、公共工事や民間工事を受注したお客様に対して、その工事に必要な「建設機械のレンタル」を提案することです。生産性・効率性を上げるために、状況の異なる様々な現場のニーズに合致した提案を行うことで、レンタルの受注に繋がります。そのためには、お客様との信頼関係を築くことが重要となります。情報収集のために事務所や工事現場を定期的に訪問し、今後必要となるであろう機材をお客様に提案していきます。「建設機械のレンタル」を通して、私たちの生活に必要不可欠なインフラの整備や街づくりをサポートすることが出来る仕事です。
前職でも建設会社との関わりがあり、徐々に建設機械へ興味を持つようになりました。転職を考えていた時にレンタル業界のことを知ったのですが、当時は業界の知識が無かったため不安がありました。最終的には「社会に貢献できる仕事だ」と考え、入社を決めたのですが、今では街中で当社の機械を目にすると、微力ながら社会に貢献できていると感じます。

信頼から生まれる“やりがい”

日頃から営業所内のコミュニケーションを大事にしています。お客様から受注した機材を出庫するためには、機材自体の準備や運送手配などの様々な工程があり、一人で出来ることは限られます。整備職、事務フロント職との協力によって、安心・安全な機材をお客様の元へ確実に納めることが出来ます。その積み重ねがお客様からの信用となり、ひいては売上にも繋がりますので、「報告・連絡・相談」を徹底し、風通しの良いチーム力のある営業所となるように心掛けています。
入社して半年後に初めて顧客の担当を任せていただいたのですが、当時はまだ機材の知識も浅く、上司のサポートを受けながらも、売上が伸びずに悩んだ時期もありました。そこで、「トラブルがあればすぐに現場へ行く」「見積りの依頼があれば当日中に提出する」など、基本的なことを徹底しました。すると、お客様からも現場での知識を教えていただくようになり、徐々に信頼関係を築くことが出来ました。他社とも取引のあるお客様から「今後は九州建産一本にするから頼むよ」との言葉を頂いた時は、「この仕事をやり続けて良かった。今後も期待に応えられるように努力をしよう!」と思えた瞬間でした。

気軽に相談出来る環境

「レンタルの営業って難しいのかな」と思うかもしれませんが、建設業界や機械の知識が無くても、やる気があれば大丈夫です。私もゼロからのスタートでしたが、しっかりとした教育環境があり、職種毎に一から学べますし、日々の業務の中で壁にぶつかった時には気軽に上司に相談出来るので安心して働けます。上手下手は関係無く、たとえすぐに結果が出なくても、やる気と向上心があれば必ず良い結果として返ってくる仕事だと思います。

エントリーはこちらから

お問い合わせ